ダンスの基本とも言われるバレエがなぜ必要か?
ダンスを本格的にやればやるほどバレエの必要性が感じられますね。
どうして先生と同じ形にならないの?
なんで身体が思うように動かないの?
身体が落ちていると言われるがそんなつもりはない。
と、思ったことはありませんか?
社交ダンスで必要な柔軟性、軸の使い方や体の引き上げ方などはバレエを学ぶことで養えます。
体を使って表現するために必要な柔軟性や表現の細やかさを身につけるためにもバレエのレッスンは重要です。身体を効率よく動かせるようになるだけではなく、さらに動きの幅を広げることが可能になりますよ。
バレエは体系化(5つの足のポジションからバーレッスン、センターレッスンなど)された基礎訓練といって良いかもしれません。ほぼ300年間使われてきた効果が実証されている安心のマニュアルというわけです。
バレエで身に着けた正しい姿勢や体の動かし方などは自然に体が覚えるので、どのようなダンスを踊る場合でも腕や肩、足先の位置など体のポジションを綺麗にみせることができるようになると思います。
皆さんも、是非一度バレエに触れてみてください。
なんで身体が落ちているって言われたのかがわかるかもしれません。