ユースダンスクラブ

サークルレポート 2016年3月31日(木)
■参加者:今回は女子7名、男子11名、某女子のシスターも新しく参加しました。

■レッスン:初心者講習会2回目

1)ルンバウオーク
【カウント】2341を繰り返します(最初はシャドウで、その後は組んで練習しました。)
【立ち方】前バランス、丹田(たんでん)に重心を置きます。
【23カウントの取り方】色々なカウントの取り方、踊り方があります。2a&a3では言い表せない!…言葉の限界!!
【ヒップの回転】23の間でターンアウト(ターニング)し、ニーバック(セトリング)で回転。次の1で前進。…正直、難しい
【後退】何故か?後退の方が足が出ないと動かないからなのか?簡単に感じます。

【Q】ルンバウオークは体重移動でバランスを崩しやすいがなぜでしょうか?
・2本足の時間を多くする!といい。1本の足の時間を少なく、素早く動く!

2)ワルツボックスステップ
【ホールド】対面して前回のブルースより大きめのホールドです。
【カウント】123 123を繰り返して、□(四角)形を繰り返す。
【男子方向】前進横揃える 後退横揃える(女子は逆、後退横揃える、前進横揃える)
【2でライズ】カウント2でライズします。

■連絡事項
1) 次回はワルツです。
2) 6月12日(日)に須藤先生がパーティーを行います。
去年のユースパーティーのフォーメーションに参加した方、参加しなかった方も、今回のパーティーのフォメに出演してくれる方を募集しています。
3) 4月2日(土)はお花見。満開の新宿桜を楽しみました。
4) 6月5日(日)東京オープン、興味のある方はU9さんまで。

■おまけ
Q1『ダンスで一番楽しいのは?』との問いに貴方、貴女はどう答えるでしょうか?

答えは人それぞれでしょう。聞かれた時期、タイミングでも変わるでしょうか。

習いたての時の回答といえば、『え、ほとんどありません』でした。
ほとんど修行、余裕の笑顔もなかったのです。でも、やるにつれて、答えは変わってきました。
『私は種目により違いと楽しさがあると思っています。』なんて、、、

では
Q2『ワルツの一番の楽しさは?』

『スイングの楽しさ!それは浮遊感!』を感じることではないでしょうか?
でも、浮遊感といっても、この感覚は伝わりますか?
ブランコでふわっとなった経験は誰もあるかと思います。そんな心地よい感じです。

今回のレッスンで先生が「2でライズ」をとありましたね。
この2のライズでという部分で如何に滑らかな動きを醸し出すかに秘密が。
・・・・・ ・・・・・・・
じれったい ではなく じいれえったい的、、、2を長く魅せる演歌調なタメが粋なライズ感をだすかも???(カウントはどう分割するのかは謎です。)

Q3『ルンバってどんなダンス?』

Shall we dance のあの名セリフ『ルンバは情熱のダンスよ!』との答えも聞こえてきます。
『ルンバはキューバが発祥のダンスだ!』も正解。答えは人それぞれですね。

『ルンバは2341とOn2で踊るダンス』というのが常識ですが、
数年前にキューバを訪れて、ルンバやおおもととなったソンがOn1のカウントで踊られていたのを見て、びっくりしました。
『ルンバはOn1でも踊れる?』のだろうか?
発祥の地の踊り方をOn2に変えたのは西洋の人なのでしょうか?
以外にも西洋の人は演歌的なタメを入れたのか?それとも??

サルサはOn1もOn2もありますね。だとしたら、On1ルンバもあるかもしれません。
おもちゃのチャチャチャをおもちゃがOn1で踊り、途中から人間に変身してOn2で踊るとの話が雑誌に載っていました。その時には、なんか変ではと思っていましたが、面白いかもしれません。
踊り方はルールもありますが、表現としては自由でもあるかもしれません。
そんなこんなで、今でも
『ルンバは謎の多いダンス』ではないか?と思います。
また、いつも
『ルンバは魅惑的なダンス』であるとも感じます。
謎解きは容易ではありません。
夜桜には、ゆっくりとキューバコーヒーを飲みながら、じっくりとコーヒールンバを聴きながら、ルンバの魅惑の謎を解き明かしましょうか!

### 53期1年間のご支援とご協力、ありがとうございました ♭♭♭
★★★ 54期新役員のご健闘をお祈りします。皆様の協力と支援を! ★★★

【最後にYDC55周年へのエール!総括ダンス!】

Y: YY(わいわい) Dance で!(わいわい楽しいダンス!)
D: Dandy な Duo Dance で!(魔性の男子力のダンス!)
C: ChaCkiCkaCki Dance で!(魅惑の女子力のダンス!)
5: Go Go IkeIke Dance で!(時に、ノリノリダンス!)
5: Go Go IkiIki Dance で!(笑顔満点、総勝ダンス!)

想いのないところにダンスの進化はありません。想いのある
ユースの楽しいダンスから、ヤングダンス界のレジェンドが生み出されることを預言します!

Reported by “a Goddism YDC Dancer” M.O

HP: http://y-d-c.sakura.ne.jp

・・・では、また。Shall we dance On Every Thurday!